湖畔幼稚園 湖畔幼稚園

保護者専用ブログ
お問い合わせ・資料請求

お知らせ・ブログ

心とからだのすくすくプロジェクト

1年間のカリキュラムの中に散りばめられているユネスコスクールの活動ですが、昨年から1年かかった新園舎建築を受け、この1年間はこれまでの様々な活動から少し目先を変えて、教師の保育の質の向上のための研修に重点をおいてきました。その上で「心とからだのすくすくプロジェクト」として子どもたちの年齢や発達に合わせた運動あそびを保育の中に取り入れ、子どもたちの興味や関心の中で、様々な体の動きを経験できるようにその環境づくりをこころがけてきました。教師の配慮の中で子どもたちが目を輝かせてチャレンジしたり、できるようになる喜びを感じたりする日々が続いています。

 

先日はわくわくデーが行われ、幼稚園最後の夏を年長さんだけで楽しむ特別な日でした。この日に先立って、昼食の手作りのパンをみんなでいただくためにピザ窯を園庭に設置したり、給食の方にパン作りについて教えてもらったりしていた年長さん。当日は本物のパン生地を思い思いに成型し、ピザ窯で焼いてもらい、期待どおりのおいしさに満足そうにして食べていた子どもたちです。また、夕食のカレーライスの準備のための買い物や野菜のカット作業なども行い、みんなで作ったカレーライスにも大満足でした。

新園舎のホールでの運動遊びも体いっぱい使って遊ぶことができ、普段挑戦できなかったようなことにもチャレンジ。みんなとパラバルーンでわざを成功させるのもうれしいことでした。

最後に先生たちからのプレゼントのお楽しみタイムにはもったいないばあさんが登場。普段の工作遊びからつながって「もったいないことしてないかい?」と、もったいないばあさんに教えてもらった牛乳パックのリメイクにも「すご~い!」と感心し、興味を深めていた子どもたちでした。一日の終わりはみんなで一緒にキャンプファイヤーを囲んで踊り、心もからだも満たされていた子どもたちでした。

1号認定の子どもたちが夏休みに入り、教師も夏のリフレッシュを行い、研修や2学期に向けた準備を行っています。子どもたちが伸び伸びと遊びこめる「魅力ある園庭づくり」を目指し、意見を交わし、教師の心とからだも整えて2学期を迎えてまいりたいと思います。

また会いましょうね!

老健たいようのおじいちゃんおばあちゃん達と、リモート交流の日。年中の子供たちが準備していた踊りを見せたり、クイズで交流を楽しみました。リモートではあるのに顔と顔を合わせての交流をみんなで楽しむことができました。

 

資源を大切にしましょう!

普段使っているものを大切に使いましょう!と身の回りの資源について知る大切な時間のユネスコタイム。今月のわくわくチャレンジは[資源を大切にしましょう!]です。ペットボトルのキャップもきれいに洗って回収して有効利用。子どもたちは様々な素材の廃品を使って工作遊びを楽しんだりします。また、ティッシュや手を拭くペーパータオルなど大切に使うようにお話ししています。地球のためにできること。小さな子供たちの心にしっかりと根付きますように。

 

鮭が大きくなるまで-ユネスコスクール

湖畔幼稚園では、自然産卵する鮭の数を増やす活動を続けている『釧路シャケの会』から、卵をお預かりして育てる里親事業に参加しています。今年1月に卵を受け取り、今では立派な稚魚に成長しています。ホールで行われたユネスコタイムで、もう少しで川へ放流する時期が近づいた鮭が、これからどのように大きく育って、私たちの食卓へ届くのか…一連の流れを知ることができた子どもたち。命の尊さや恵みに感謝する大切な時間となりました。

 

ユネスコスクール

「しげんってしってる?」と普段の生活の中で使っている身近な「しげん」のお話を聞いた子どもたちです。水、電気、紙などが身の回りにあることに気づき、普段どんな使い方をしているのか・・・と考えていました。水道の水を出しっぱなしにしていたら「もったいない!」と声をあげたり、お部屋の電気がだれもいないのについていたら「けしたほうがいいよね」と友だち同士顔を見合わせていたり、ティッシュペーパーやペーパータオルを何枚もつかってしまうとゴミがいっぱいになってしますことに気づいてうなづく子どもたちでした。

今月のユネスコスクールの目標は『しげんをたいせつにつかいましょう!』です。お部屋に帰って早速気を付けていた子ども達でした。

 

きれいにさいてね!

新園舎の工事がすすめられ、園庭や玄関前にも工事用の塀が建ちました。園の畑に植えた野菜の収穫も終え、花も種を取ってお片付け。いつも植える来春のための球根はプランターに入れることにしました。小さな手のひらに一つずつ大事そうに持ち、土の中に植えていた子どもたちです。来春2月のお引っ越しの時に、お引っ越しできるように・・・。新園舎の前できれいに咲いてね!と願いを込めてました。

ありがとうございます!

近隣のお家の畑をお借りして、春植えたじゃがいもの収穫を行い、秋の季節を楽しんだ子どもたちです。大きなおいもや小さなおいもが土の中から出てくるのを歓声をあげながら拾いました。「畑を貸してくれてありがとうございました!」とご挨拶に行きました。「また来年も使って下さいね」と声をかけて下さっているお家の方に「ありがとう!」と手を握る子どもたちでした。

 

ぐんぐんおおきくなって・・

園は夏休み。預かり保育の子どもたちが元気に登園し、一日を楽しく過ごしています。

春、園舎前の花壇に、子どもたちが蒔いた様々な種がたくさん芽を出し、次々と花が咲いています。園舎の建替えにより、来年からは新しい場所となるため、この花壇での栽培活動は最後。「おおきくな~れ」と込めた願いを聞くかのように、蒔いた種のひとつであった大輪のひまわりが、日に日に大きくなり、あっという間に子どもたちの背も教師の背も追い抜いて・・・1学期終了日には見上げるように!そのひまわりについに大輪の花が咲きました!茎も幹のようになり、しっかりと土に根を張っていて、大きな葉をいっぱいに広げて太陽を浴びる様子に子どもたちも大喜び。ひまわりも夏の季節を楽しむかのように笑っていますよ!

 

園舎建て替え工事

子どもたちが毎日楽しみにしているのは、日々の園舎建て替え工事の様子。朝のお支度でシール帳にシールを貼り、リュックを置くなど終えると自分の遊びが始まります。「いっしょにあそぼ!」とお友だちを誘って遊びはじめます。あひるぐみさんに行くとサンルームの窓から、工事の様子がよく見えます。工事の方が子どもたちがよく見えるようにと一部覆いを外してくれていて柵ごしに見ることができるので、作業の様子を目の前で見ることができます。新園舎の基礎作りでショベルカーが次々と園庭の土を掘りあげ、ダンプカーに積んでいきます。高低差に斜めになって作業するショベルカーの様子にくぎ付けの子どもたちです。明日で1学期が終了です。夏休みの間にもどんどん工事がすすめられます。2学期始まりの時の子どもたちの嬉しそうな顔が楽しみです。

おじいちゃん、おばあちゃん大好きだよ…

毎年、交流させていただいている老健たいようのおじいちゃん、おばあちゃんにいつも会えるのを楽しみにしている子どもたちです。でも、コロナウイルス感染予防対策のため、昨年からリモートでの交流を行っています。今日は年中の子どもたちが、PCを介してのじゃんけんゲームで交流。画面の先の老健たいようの職員の方とグーやチョキのカードを出してじゃんけんを行い、勝ったら新聞紙を折り、一緒にじゃんけんしているおじいちゃん、おばあちゃんと先に小さく折りたたむのを競い、楽しみました。PCの画面を見ながら、手を振ったり、言葉をかけたりしていた子どもたちです。早くコロナが落ち着いて、手を取り合って交流できる日が待ち遠しいです。

カテゴリ

最近の投稿

あかりをつけましょ🎵

ソリ滑り

お正月遊びを楽しんでいます!

冬休みも守られて〜3学期始まり礼拝

2学期終了礼拝ー神さまありがとう!

資料請求・ご質問
・見学・1日体験入園など、
お気軽にお問い合わせください